ワードプレスを運営するならブラウザソフトは『Chrome』が良い理由

自身のワードプレスブログにアクセスする際、あなたはどのブラウザソフトを使用されていますか?

 

有名なところでIEM-Edge、スマホ内蔵ブラウザ、Chromeと言ったところでしょうか。

 

大半の場合、恐らく上記のいずれかのブラウザソフトを使用されているかと思います。

 

このブラウザソフト、意外と気にされていない方が多いようなのですが、ワードプレスを運営するならブラウザは『Chrome』が断然良いことをご存知でしょうか?

 

今回は、ワードプレスを『Chrome』で運営したほうが良い理由、それによって得られるメリットなどを分かりやすくご説明します。

 

グーグルサービスと多く提携するワードプレスにおいて、Chromeは何かと有利

 

グーグルアナリティクス、アドセンス、サーチコンシェル、アドワード……基本的にグーグルのサービスをフル活用しなければならないワードプレスブログに置いて、ブラウザはグーグル開発の『Chrome』を使用する方が何かと有利と言われています。

 

これは当然のことで、例えグーグルのどのサービスに仕様変更が施されようとも、Chromeブラウザだけは非対応になる可能性は皆無だからです。

 

グーグルのサービスやツールはChromeを基準としており、IEM-Edgeなどの他のブラウザソフトは突然非対応になる可能性も否定できません。

 

また、最近ではアドセンスのホーム画面などもデザインや仕様が一新された際、Chrome以外のブラウザソフトでは上手く表示されない旨の警告がありましたね。

 

ワードプレスブログに置いては、間違いなく他のブラウザソフトよりもChromeがアドバンテージを得ています。

 

セキュリティ面に置いても、Chromeブラウザは比較的信頼がおける

 

収益化を目指すワードプレスブログにおいては、不正アクセスはもはや日常茶飯事。

 

プラグインなどでセキュリティを強化するのはもちろんのこと、アカウントやパスワードを実際に打ち込むブラウザの方も情報漏洩が無いようできる限り強化しておくべきでしょう。

 

主に脆弱と言われているIEとは違い、Chromeは比較的他のブラウザを比べて信頼がおけると言われています。

 

もちろん100%という訳ではありませんが、それでも万が一のことが起きてからでは遅いので念には念を入れておくべき。

 

思っている以上にワードプレスは脆弱です、運営するあなたがしっかり守ってあげてください。

 

FTPサーバーやドメインのツールなども、Chrome非対応は存在しない

 

上記でも述べた通り、基本的にネットのツールはChromeブラウザ準拠です。

 

非対応エラーやFTPアップロードの際に不具合を起こさないためにも、特にこだわりが無ければChromeを使用することをおすすめします。

 

IEM-Edgeからブックマークをインポートすることができますし、乗り換えは1分もかからないので。

 

総じて、Chromeは便利というよりは非対応が無くエラーが起こりにくいブラウザと言ったほうが良いかもしれません。

 

他のブラウザより読み込み速度も高速ですし、特別な理由でもない限りはワードプレスを運営するなら必ずChromeを使用しましょう。

 

あなたが特に問題なく日々ワードプレスブログを運営できる……アドバンテージは、実はその安定性にあるのです。

 

結論:ブラウザソフトは、意外と重要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする